女性

腰部脊柱管狭窄症の原因|痛みに負けないで

つらい腰痛の原因病とは

患者

坐骨神経痛を引き起こす

坐骨神経痛といえば、つらい腰痛などを引き起こす原因として知られています。坐骨神経とは脊髄から続いている神経の束で、腰椎から大腿部の方へと伸びています。この坐骨神経に故障が生じるのが坐骨神経痛です。注意が必要なのは、坐骨神経痛はあくまでも症状であって病気そのものではないということです。痛みを引き起こすのは、さらにその原因となる病気があるからです。坐骨神経痛の原因病として症例が多いものの1つに、腰部脊柱管狭窄症があります。脊柱管と呼ばれる組織が神経を圧迫する病気で、高齢者に発症例が目立ちます。歩行障害などを引き起こすと生活範囲が著しく制限されてしまうため、早めの対処が必要とされています。最近では予防・改善のためのストレッチ法なども開発されており、人気を集めています。

原因の大半は老化

脊柱管とは脊椎の中を通っている管状の空洞で、この中に神経の束が格納されています。腰椎部分にある脊柱管が狭くなることで神経を圧迫してしまうのが、腰部脊柱管狭窄症です。腰部脊柱管狭窄症は、そのほとんどが加齢に伴う組織の変性を原因とします。症状の程度はさまざまで、足腰に軽い痛みやしびれを感じる程度のものもあれば、排尿などの日常動作に支障を来すケースもあります。腰部脊柱管狭窄症の治療は、重症の場合を除き保存療法が基本となります。必要に応じて血行改善薬や消炎鎮痛剤などを投与しながら、腰部を安静に保ちます。また、医師の指示による運動療法が取り入れられることもあります。インナーマッスルを鍛えることで、腰椎にかかる負担を軽減することができます。

高精度の定位置放射線治療

病院

サイバーナイフは、放射線療法の中の1つで、臓器の切除や摘出をすることなく臓器をそのまま残しておける高精度の定位置放射線治療装置です。主に脳頸部や、脳腫瘍に使われていますが、承認が下りたことで首より下の病変にも対応できます。特徴は麻酔や固定がないのと入院も必要としないので負担が軽い点です。

もっと読む

便を採って調べる検査

看護師

検便検査には腸内細菌を調べるものと便潜血の有無を調べる方法があります。細菌検査は飲食店勤務の人や食中毒などで病原菌の有無を調べるための検査です。便潜血反応検査は消化管のガンを早期発見するためのスクリーニング検査です。採便時の注意点を守り失敗することなく検便検査ができるようにしていきましょう。

もっと読む

耳の不調を感じたら

病院

脳腫瘍の一種である聴神経腫瘍になると、耳鳴りやめまいなどの症状が発生します。これは開頭手術や放射線治療によって治すことが可能です。最近はガンマナイフなどを用いた手術も行われています。腫瘍の大きさによって行われる手術が異なるようです。

もっと読む